ストレスを抱えない


妊娠するためにはまず子宮を温めて

赤ちゃんがいつ来ても快適な状態にしておくことです。下半身が冷えるミニスカート、ショートパンツなどは出来るだけさけ、ゆったりとしたスカートやパンツを履きます。ストッキングは温かくないので靴下を履く装いが良いです。

ヒールの高い靴は体に負担がかかるので、冷え性の人は楽な靴を選ぶと長い距離も歩くことができますし、冷えが改善されやすくなります。

腰には腹巻、寒い日にはヨモギパッドをすると全身が温かくストレスが軽減されます。ヨモギは子宮によいとされていて、乾燥したものをお風呂に入れても効果的です。お茶として飲むことも出来ます。

 

妊娠するためには日々の食事も重要です

体を冷やす冷たい飲み物より温かい白湯を飲むとよいでしょう。
母体が健康であれば赤ちゃんも健康に育ちやすいですし、出産後の授乳にはお母さんの食べたものがそのまま母乳になりますので、野菜を中心とした食生活に慣れておくとよいでしょう。

 

妊娠中の貧血に要注意

妊娠中に貧血になるとお母さん事態が疲れやすくなるので、鉄分を含む食材でバランスよく調理し、鉄の吸収を高めるレモン汁や梅干しなども摂るとよいです。
酸味のあるものは疲労を回復させ、ストレスを和らげる効果があります。
適度な運動も妊娠するためには必要です。
出産前には床の拭き掃除をしたり、歩くと安産になりやすいといいますが、安産のためには体力があることが大切です。

 

早朝の散歩は空気がきれいなので、精神的にもよい影響があります

出産後には朝、昼、晩関係なくしばらく授乳しなければならないので、早起きが苦手な人は慣れておくとよいでしょう。
妊娠するためにすることは、自分自身が健康になることでもあるのです。

 

関連記事

妊娠するタイミングを知ろう>>

排卵日を知っておこう>>

毎日基礎体温をはかろう>>

睡眠をたっぷりとろう>>

整体で体のゆがみをなおそう>>